翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 刘婷 推荐于 2014-05-08 15:36
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:思想
此原文由 发现 推荐
若くして活躍している管理職の多くが、物事を楽観的に捉えています。たとえ失敗しても、その結果をポジティブに捉えて、次に生かしていく人が本当に多い。

 では、もともとポジティブな性格なのかと言うと、決してそうではありません。仕事をするなかで、後天的に楽観性を身につけているのです。

 彼らが活躍するのには、明確な理由があります。

 いまの世の中は「先行きが読みにくい」「いままでのやり方が通じない」というビジネス理論になってきています。新しいことにチャレンジすると、失敗することも珍しくありません。そのときにくよくよ悩んでしまう人は、次のチャレンジまでに時間がかかり、なかなか成功に行き着きません。

 変化の大きいビジネス社会において、考えて分かることは多く見積もっても7割くらい。やってみないと分からないことが、非常に多い。特に最近は、行動して初めて分かる領域がどんどん増えているように感じます。そうした背景を考えると、失敗は当然のことです。

 私がよく言うのは、「反省はしても、後悔はしない」

 人生はすべて学びです。

 失敗を成長の機会と捉えて次に進める人は、そもそも打つ手が多くなります。必然的に当たる可能性が増え、成功する確率も高まります。その結果、会社から評価され、出世するケースが多くなる。

 これらの時代背景を考えると、もともとネガティブな性格の人も、失敗を受け止めて、すぐに切り替えて前に進むべきだと思います。意識的に、後天的な楽観性を身に付けてください。

失敗を書き出し、次の成功につなげる

 ネガティブな性格の人にオススメの方法があります。

 もし仕事で失敗したら、メールでも日記でも何でもいいので、起こった事象を書き出してみてください。その後に矢印を書いて「あのとき、こうすれば良かった……」と思うことを記入してください。それが、同じ状況が起こった場合の解決方法です。

 弊社ではよく業務の報告リポートを書きますが、その仕事がうまくいかなった場合、最後に矢印を書くようにしています。次の機会でうまくいくようにするにはどうすればいいか、その方法を矢印の後に書くのです。そうすることで、ミスの再発が防止されていきます。

 逆に言うと、矢印が書けない場合、失敗を受け止めてはいるけれども同じミスを犯してしまう、ということが懸念されます。次に同じ状況が起きたときに乗り越えることができて、初めて失敗を「いい経験になった」と捉えることができます。

 逆に、もともとポジティブな人は、あまり反省しません。「まあ、いいか」と割り切って、次に進んでしまいます。

 反省しない人の欠点は、同じ失敗を繰り返してしまうこと。

 社会では、同じ失敗をする人の評価はものすごく低い。たとえチャレンジを推奨している会社でも、同じ失敗をする人は絶対に評価されません。

 そういったタイプにならないためにも、反省は不可欠です。もともとポジティブな人が後天的楽観性に切り替えることができれば、すごく大きな武器になります。

失敗を成長の糧に!

 失敗はすべて成長の機会と捉えることができれば、プラスの方向に行くことができます。

 例えば管理職を任されていて、複数の部下がクレームを受けたとします。どのような考え方をすればいいでしょうか?

 「大変な状況だ」と考えるのと同時に、「自分が部下をもっと配慮できていれば、そもそも問題が生じなかったはず。まだまだ自分には改善の余地がある」と捉えるべきです。

 つまり、失敗を成長の機会と解釈し、次に同じような失敗が起こらないような形を探していくのです。それが後天的楽観性。そういった仕事の仕方ができれば、同じ失敗を繰り返さないし、失敗の後のリカバリーも速くなります。だから、次の成功に当たる確率も高くなる。

 「切り替えろと言われても、そう簡単に切り替えられない」

 そんな話をよく聞きます。そういう人は、こう考えてください。

 人生には1つの会社、1つの仕事と細かい区切りがありますが、人のビジネスキャリアは1本の道としてずっと続いていきます。長い時間軸で考えると、1つの仕事で犯した失敗なんて、後の糧になるものにすぎない。

 一般的に、ビジネスキャリアは40年もあります。失敗したことで、それまで自分が気付けなかったことが明確になったとすれば、大きな収穫だと思います。

若いうちの失敗はプラスに!

 正直に言うと、ビジネスにはそういった捉え方をできない大失敗もあります。ただ、社会人5年未満の人にそういう大仕事は任されません。長い時間軸で捉えれば、若いうちの失敗はプラスにしかならない。

 若い管理職が後天的楽観性を備えているという話をしましたが、経営層になるとショックを引きずる時間は1日にもなりません。たった5分で「ああ、損した! こういうことも考慮にいれなければいけない」と、次に向けて切り替えます。

 経営者には楽観的に見える人が多くいますが、その理由をもう一歩踏み込んで考える必要があります。なぜなら、生まれつきポジティブな人ばかりではないからです。

 経営の仕事では、「景気がいきなり変わって予想外の事態が起きた」「取引先が潰れて被害を受けた」「期待していた社員にやめられた」など、マイナスの側面が非常に多くあります。だから、いちいちへこんでいたら、社長は精神的にもちません。 

 切り替えるスキルを身につけた人でなければ、生きていけないのが経営の世界です。

今回のポイント
長い時間軸で失敗を解釈し、次の成功につなげることが重要

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583