翰文名人 专家一览 点评达人 翰文之星 原文库 译文库 全部项目 翰文网事 译者培养招募 年度奖励计划
"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 枫凌 推荐于 2014-03-19 10:57
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:健康

ちょっと体調が悪くて……」「なんか最近体が……」こんな悩みを抱えているビジネスマン は多いはずだ。だが忙しい企業戦士のみなさんのこと、気軽に休暇を取得して病院で一日じっくり検査、というわけにはいかないだろう。たいてい、「寝れば治 る」でほっておいてしまう人が多い。
?だが、ちょっと待ってほしい、その病気になる直前の”病気もどき”こそ体のSOS信号なのだ。この連載では看過することのできない”病気もどき”について医療ジャーナリストの安達純子氏が解説する。

大問題に発展も

仕事は期末で多忙な時期を迎え、ストレスも加わり睡眠時間は失われやすい。眠りは体の疲れを回復するだけでなく、記憶などの脳の働きや、さまざまなホルモンの分泌に伴う体調管理にかかわるなど、生きるために必要不可欠。一般的に1日7時間程度の睡眠時間が健康に役立つといわれるが、ハードワーカーの会社員は、今の時期、その確保も難しい。

『朝、スッキリ目覚め「いい眠りだったな」とつい言ってしまう本』(主婦の友社)の著者、スリープ&ストレスクリニックの林田健一院長が警鐘を鳴らす。

「過重労働による睡眠不足の状態が続くと、過去に起こったバス事故のように、重大な問題に結び付くことがあります。『自分は眠らなくても大丈夫』と過信してはいけません。寝不足の状態では、居眠りだけでなく、判断力や集中力も低下します。眠気の副作用が伴う花粉症の薬を飲んでいるとなおさら。仕事のパフォーマンスを上げるには、睡眠時間の確保が大切です。プライベートでは睡眠時間を確保することを優先し、それでも眠れないようならば、一度、かかりつけ医に相談してみてください」

うっかりミスは誰にでも起こりがち。しかし仕事では、たったひとつの数字を間違えただけでも、大問題に発展することはある。期末で多忙なだけでなく、失敗で多大なストレスを受けると、イライラや不安で夜眠れないといったことに拍車がかかる。

「3月から4月には、人事異動で職場環境が変わりやすく、仕事だけでなく対人関係のストレス、生活環境や通勤時間の変化に伴う生体リズムの乱れなど、睡眠不足に陥りやすい状況になります。生体リズムの乱れは、時差ボケのような状態を引き起こし、良質な睡眠を妨げます。生活習慣を見直す睡眠衛生を心掛けましょう」(林田院長)。

ぐっすり眠るコツ

睡眠衛生には、時間の確保だけでなく、眠る前の食事や運動、寝室の環境などがかかわる。林田院長によれば、見直しのコツは次のとおり。

1夕食は、高脂肪食など消化吸収の悪いものは避ける。消化器系が活発になると良質な眠りの妨げになるため、和食など消化吸収のよいメニューを選択し、眠る3時間前までを目安に済ます。

2ベッドや布団の上での食事は×。ベッドや布団は寝るためだけに使用し、布団に入ったら眠るというパターンを作る。

3筋トレやジョギングなどの運動は、自律神経のひとつ、交感神経を活発にさせて入眠の妨げになるため、寝る2時間前には終える。

4寝る直前までネットのゲームやSNSなどに夢中になると、脳が興奮して交感神経が活発になるため、やはり寝る2時間前から控えるようにする。

5寝る前は、自律神経のひとつ、副交感神経を優位にするため、ストレッチやぬるま湯に入るなどしてリラックスを心掛ける。気持ちが落ち着くような音楽を聴くのもよい。寝室は明りを落とす。

6休日の寝だめは、平日の起床時間の2時間程度と心得る。朝7時に起床している人は、休日は朝9時頃には起きること。

「休日の遅い時間の起床は、生体リズムを乱し、その夜の睡眠の妨げになるのです。週明けの朝に寝不足を感じやすくなるので、休日の寝過ぎには注意しましょう。寝だめは1~2時間程度まで。もちろん、平日に3~4時間しか寝ていない人は、体が休日に長時間睡眠を欲します。しかし、それが生体リズムに悪影響を与え、結果として心身の不調に結び付くこともあるので、平日の睡眠時間をなるべく確保するようにしてください」(同)。

心の不調も見逃さない

一般的に、まじめで責任感の強い人は、期末の多忙な時期に頑張りすぎる傾向がある。睡眠衛生を心掛けても、つい仕事を優先しがち。「私に任せてください!」と張り切り、周囲からの信頼も厚い。しかし、睡眠不足の状態が続くと、心身にひずみが生じる。結果として、いつもならば難なくこなせたことが、はかどらないことも……。そこで無理を重ねていると、心の病に発展しかねない。

「3~4月にかけて、頑張りすぎて燃え尽き、うつ病になってしまう人はいます。うつ病は不眠に加えて食欲不振が伴うのが特徴です。眠れない、食欲がないといった状態が続くようならば、医療機関を受診しましょう。放置していると、うつ病の症状はどんどん悪化します。上司などの職場の人も、ご家族も、見逃さないようにしてください」(同)。

もうひとつ、今の時期、人事異動で仕事内容や上司が変わるなど、環境の変化によって起こる適応障害も起こしやすい。うつ状態や強い不安感、不眠、起床困難、出社時の吐き気、頭痛など、さまざまな症状が伴う。

「うつ病は、発症しやすい基本性格がありますが、適応障害は、大きなストレスを受けたときには、誰にでも起こりえます。ストレス環境が変わることで症状も改善しますが、職場環境を自ら変えることは難しい。心身に不調を感じたら、産業医などに相談してみてください。また、単なる寝不足という人も、不眠状態を放置することで、肩こりや頭痛、肥満、生活習慣病の悪化など、不健康な状態は加速します。睡眠衛生を見直し、寝不足を放置しないように、心掛けていただきたいと思います」と、林田院長は話す。

本文还没有人翻译

 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583